橋が教えてくれたもの─土木技術者であり続けるための備忘録

田中 志津夫
判型:B5横長 上製本
頁数:52
ISBN:978-4-87739-311-3
発刊日:2018-04-15

毎年、夏から冬にかけて湖底に沈むことから幻の橋と呼ばれる北海道のタウシュベツ橋梁をはじめ、九州までの18橋にまつわるフォトエッセー。構造物がなぜそこにあるのか、社会的にも、住民にとっても、どういう意味を持つのか、土木技術者の視点から考察。歴史的背景や遺構となった構造物、数十年も現役として活躍を続ける橋梁などを通して考えることの大切さを訴える。

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 520

※¥ 5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する